2010年09月02日

芸急本線・香住町駅

芸急本線とJR江品線との乗換駅・香住町駅です。

香住町駅1.jpg

実際は「香住町」ではなく「霞町」、「江品線」は「宇品線」のもじりです。

宇品線は広島駅から宇品港(広島港)までを結んでいた国鉄路線。もともとは日清戦争の際に兵員・物資輸送のための軍用鉄道として建設されたものです。1894年(明治27)年8月4日に着工、超突貫工事でわずか17日後の8月21日に開通しました。

第二次大戦後も沿線の学校、大学病院、県庁仮庁舎、工場などへの通勤・通学および貨物輸送を行っていましたが、1966(昭和41)年に旅客営業が廃止、貨物輸送も1986(昭和61)年に廃止され、鉄道線としての使命を終えました。

この世界では江品線と名前を変え、広島市内交通における幹線の一つとしての役割を担っています。特に香住町駅はJR広島駅から芸急線に至る最短ルートの乗換駅であるため、芸急線の中でも利用客は最多クラスになっています。

ラベル:広島 霞町 宇品線
posted by 【架空鉄道】芸南急行電鉄 at 20:00| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 駅画像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。